new
ナナルイとシロイノートと歌集

ナナルイのホームページを見ても、まだナナルイがどんな会社かよくわからないと思います。今度はノートの販売まで始めました。今日散歩していて思ったのは、ナナルイは25年前から始まっていたんだな、ということです。共同経営者の鈴木 […]

続きを読む
new
かぎ編み文庫ニットブックカバー(濃いめのデニム色)

綿100%かぎ編みブックカバーのデニム色新作です。これから梅雨の季節は爽やかな肌触りの綿ニットを。しおりはの花のモチーフです。文庫サイズ105mm×148mmの本が収まります。ラッピング包装有り。本はジャック・ロンドン「 […]

続きを読む
new
かぎ編み新書サイズニットブックカバー(濃いめのデニム色

綿100%のニットブックカバー。新書サイズ173m×105mの本がぴったり収まります。梅雨の鬱陶しい季節には爽やかな肌触りの綿ニットを。しおり付き。ラッピング包装。本は吉増剛造「我が詩的自伝」素手で焔をつかみとれ!ご購入 […]

続きを読む
new
工芸とナナルイ

ナナルイはこれから、芸術の本を出版していきたいと考えています。ナナルイの名前の由来は図書館の分類法。図書館に行くと0類から9類まで本が分類されていて、7類(ナナルイ)は芸術の本です。さらに7類の棚をよくみると、彫刻、絵画 […]

続きを読む
お知らせ
包(くる)むということ

ブックカバーを作る理由  早く出版物を出したいのは山々ですけど、やることはまだ山ほどあります。8月の刊行に向けて、事業計画を練って会社設立、ISBN取得、組版も自分でやるし、編集ももっと精度を上げないといけない。そろそろ […]

続きを読む
new
サド「閨房哲学」付きニットブックカバー

アプリコット花柄 リーフのしおり 綿100%かぎ編みブックカバーのアプリコットカラー花柄と文庫本をセットにしました。ナナルイの蔵書から「閨房哲学」マルキ・ド・サド 澁澤龍彦譯(河出文庫)を合わせてみました。92年の文庫の […]

続きを読む
new
ニットブックカバーに文庫本をつけました

「箱男」(安部公房 新潮文庫) ウール100%かぎ編みブックカバーのマリンブルー花柄の新作です。ナナルイ所蔵の安部公房の「箱男」と合わせてみました。1990年代までは何かというと安部公房でしたが、今はどうなのでしょう。今 […]

続きを読む
new
かぎ編み文庫サイズブックカバー(アプリコット)

しおりリーフ・厚めタイプ 綿100%かぎ編みブックカバーのアプリコットカラー花柄の新作です。厚めの文庫サイズ対応。400ページ以上の文庫には最適です。「古典の読解」小西甚一(筑摩書房・536頁)で合わせてみました。しおり […]

続きを読む
new
コットン&シルクのニットブックカバー入荷しました

季節に合わせた素材と模様のシーズン商品を入荷しました。コットン&シルクの天然素材、優しい手ざわり。色はブラウン。文庫サイズで花のモチーフのしおり付き。ラッピング包装してお届けします。

続きを読む
new
かぎ編みブックカバー(アプリコット)

ナナルイ、ニットブックカバー。今後は3つのカテゴリーに分けて販売していきます。1つ目は季節を問わず、綿100%またはウール100%の毛糸を使った定番ライン。2つ目は季節に合わせた素材と模様のシーズン商品。3つ目は素材にこ […]

続きを読む