ブログ

株式投資術!株式投資と自転車の運転との10の共通項【前編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

はじめに

今朝、私のブログ記事を読んだ「うちの嫁」がこんなことを言っていました。

うちの嫁
株式投資を自転車に例えられても、自転車乗るのにそんなこと考えてなかったし、覚えてないし、そもそも株やったことないし・・・
こんな人におすすめの記事です!
株式投資を始めたいけど/始めてみたけど
何から手を付けたらいいか分からない
損するから怖いと考えている人
● 出来る限り安全に軌道に乗せたい
● 思うような結果が出せない
株式投資術!の連載記事を読み進める効果
連載記事を読み進めていくと株式投資の初心者にありがちな投資判断ミスを予防できます!
株式投資術!連載記事はこちらからどうぞ

その記事とはこちら「株式投資はギャンブルなのか?株式投資家税理士1つ目の証言」

男女双子をもつ税理士(書いている人)
確かにイメージ沸かないわな
みかんくん
自転車ってなあに?
いちごさん
具体性に欠けてるのよパパ!
 私は「株式投資はギャンブルではない」と考えています。

最近は株式投資を始める若者が多いとか聞きますよね。

私が「ガラケー」から「iPhone」に替えたのがちょうど2年前です。

それまでは「ガラケー」でも株取引をやっていましたが、リアルタイム株価や板は見れなかったんですよね。

それが、「iPhone」にしたらリアルタイムで見れるものだから、めちゃ興奮したのを覚えています。

ここで、株式投資を始める「5ステップ」を復習しておきましょう。

①証券会社へ連絡して口座開設の手続きを行う。

②開設した証券口座にお金を入れる。

③株式を買う。(証券会社へ手数料を払う)

④株式を売る。(証券会社へ手数料を払う)

⑤その証券口座が「特定口座(源泉徴収あり)」だったら税金計算は証券会社がして納税までしてくれるので確定申告しなくてもよいのです。

お金さえ使えば、「この超簡単株式売買システム」を活用できるのです。

1.私が自転車で例えた理由

あらゆる人にとって身近なもので、多分自動車やバイクを運転する人よりも自転車を運転する人の方が多いと思ったからです。

自転車に限らず、自動車やバイクなどの免許が必要なものから仕事で資格が必要なもの、資格そのものは必要ないけど一人前になるまでの過程も、皆さん同じことをしているはずなんです。

仕事をする上では、いっぱい勉強して、いっぱい経験して、上司や先輩から学んで、失敗からもたくさん学んで、挫折しそうになり、立ち上がり、それでも継続してやってきていませんか?

これと同じことを、お金のことや株式投資についてもやっていけばよいと思います。

1-1.自転車に乗りたいと思う

「自転車に乗りたいと思う」とは「株取引をやってみたいと思う」ことです。

まずは、本屋さんへ行って株に関する「雑誌」を見てみてはいかがですか?

当たり前ですが、興味がなければやりませんよね。

でも、興味が出るかどうかは見てみてから判断でもよいと思います。

すでに興味がある方でしたら、「ダイヤモンド・Zai」、「ネットマネー」、「日経マネー」、「会社四季報プロ厳選500銘柄」あたりを手に取ってみましょう。

この段階では決して難しい書籍や雑誌、「会社四季報」や「日経会社情報」といった読みにくそうな本は読まない方がいいです。

絶対嫌になりますからね。

その雑誌の中に興味がわく特集記事があれば、そこだけ読みましょう。

例えば、「3月権利確定!株主優待特集」とか、「3月決算会社の配当利回りランキング」とかね。

週末に家族と行ったあの飲食店が載っているかもしれませんよ。社名と店舗名は異なることが多いですよ。

1-2.安全な場所を選ぶ

株式投資に興味がわいて、気になる銘柄があったら、証券会社に証券口座を作りに行きましょう。

普段の生活で銀行口座は使いますが、証券口座を持ったことがない人が多いのではないかと思います。

証券口座にも種類があります。

分かりやすく整理すると「源泉徴収あり特定口座」、「源泉徴収なし特定口座」、「一般口座」の3つになります。

さらに、上記3つの口座毎に「現物株式のみ取引できる口座」、「信用取引もできる口座」が設定出来ます。

「安全な場所」とは「源泉徴収あり特定口座」でかつ「現物株式のみ取引できる口座」のことです。

この「安全な場所」でも投資した会社が破産したら「0円」になってしまいますが、借金を背負うことはありません。

借金してそのお金を証券口座に入れていれば借金を返せなくなるでしょうが、余裕資金でやる分にはそうなることもないでしょう。

それも嫌だというあなたにはこれがお勧めです。

『証券口座の財産が増えて来たら、株式取引を始めた時の元金を抜いてしまうのです。』

これで、元金保証となりましたよね!

ちなみに「信用取引」では、お客様が証券会社から買付けに必要なお金を借りて、株式を購入します。

そのため、少ない元手でより大きな利益を得られる可能性がありますが、その反面借金を背負う可能性もあります。怖いですね!

1-3.乗れる人(親)の手ほどきを受ける

証券口座を作って、余裕資金の範囲内で入金もした。

何を買った良いかわからないし、株価ボードの見方もわからないし。

そんな時は、証券会社のコンサルティングを受けることをお勧めします。

無料でやっているはずです。

株取引の基本を教えてくれますし、冊子や書籍もいただけたりします。

証券アナリストの分析資料などももらえます。

あとは、周りで株取引をやっている人に参考までにいろいろ聞いてみるのもよいと思います。

決して、「値上がりすると思う銘柄」を聞いて、それをそのまま信じてはいけません。

自分で判断する力が養われる前に、損失を確定させて、株式市場から退場させられてしまいますからね。

1-4.何度も転倒(軽い擦り傷は当たり前)

例えば、余裕資金から100万円を証券口座に預けた場合、1銘柄に100万円使ってはいけません。

複数銘柄でも有り金全部株に変えてはいけません。

複数銘柄に、例えば1単元15万円の銘柄×1、1単元10万円の銘柄×1、1単25万円の銘柄×1の合計50万円に投資した方がよいと思います。

一般的にいう「分散投資」をお勧めしているのではありません。

ここでのポイントは、「証券口座のお金100万円」に対し「株式50万円+お金50万円」とするということです。

「50:50」がよいかどうかは分かりません。

とにかく、全力ですべてのお金を株に変えない方がよいと思います。

もしも100万円分の株式がすべてズルズル下がっていったらどうしますか?

評価額が80万円、70万円と下がるにつれて損失確定の売り(損切り)が出来なくなっていきます。

出来ないとは「精神的に」出来ないという意味です。

私も未だにそうですが、「明日上がるかも」とか思ってしまい損切り出来ないことが多いです。

そうなると、いわゆる「塩漬け」となります。

こうならないためにも、「早い損切」は最重要です!

この「早い損切」のことを「軽い擦り傷」と呼んでいます。

1-5.泣きながら何度も立ち上がる

「軽いかすり傷」と言っても「損失」ですから、それはもう耐え難いストレスに苛まれるかもしれません。

そういう方には株式投資は向いていないと思います。

株式投資って、よく「何勝何敗」とか聞かれたりしますが、全く意味がないものだと思います。

勝負事だと考えているから「勝つ」とか「負ける」とかいう話になるのですよね。

ちなみに、私が聞かれた時には「1勝10敗」と答えています。

事実そうですからね。

ただし、いわゆる「1勝」が大きく勝つ、「1敗」のそれぞれが小さく負けるということなんです。

「短期的に保有する」、「中長期的に保有する」などのスタンスの違いこそありますが、圧倒的に負けることの方が多いです。

そりゃそうですよ!始めたばかりでわからないことだらけですから負け続けますよ!

「泣きながら何度も立ち上がる」ことができるように「擦り傷」で損切りすることができるかどうか?

これが証券市場から退場しないことの最大の秘訣かもしれませんね。

後半へつづく

 

この記事を書いている人
自由な生き方を応援するセミナー講師×株式投資家×税理士・双子のパパ稲垣宏隆
株式公開という大プロジェクトを多数経験。証券会社出身であり税理士としては異色な経歴の持ち主。得意なのは「株式投資」「株主優待」「配当金」「iDeCo(個人型確定拠出年金)」「ふるさと納税」「証券税制」「サラリーマンや主婦の方に課される税金や確定申告」。
「お金」「ひとり時間」「お昼寝」が大好物
「収入の柱を相乗効果のある複数」持つことをお勧めしております。
※この人の最近の傾向:ブログ集客に目覚めたものの、書けない日が続くとストレスでトイレに引きこもる。
詳しいプロフィールはこちら  ●Facebook  ●Facebookページ  ●Twitter

※サービス案内・・・・サラリーマンや主婦の方、スモールビジネスの方を応援する税理士です。

セミナー開催情報
サービス一覧
セミナー講師(オンライン/リアル)
個別相談(オンライン/リアル)

東京都府中市を拠点とした税理士事務所です。
サラリーマンや主婦の方、スモールビジネスの方を応援する税理士です。
あなたの生活設計やスモールビジネスを強力サポートします。
証券会社出身の株式投資や証券税制に強い税理士です。
『対話』を重視する税理士『私ひとり』が全てを担当します。
「対面/お電話」によるご相談に加え、「Zoom(オンラインビデオ通話ツール)」もご利用いただけます。
株式投資、株主優待、配当金、ふるさと納税、iDeCo(個人型確定拠出年金)、確定申告、家計管理、生活設計
各種セミナー・個別相談など全国対応しますのでご相談ください。

自由な生き方を応援するセミナー講師×株式投資家×税理士・双子のパパ稲垣宏隆
稲垣宏隆税理士事務所
〒183-0005 東京都府中市若松町2丁目2-3 メゾンドソフィア305号室
京王線東府中駅北口より徒歩4分


お問い合わせ
オフィスの概要
サービスのご案内
当オフィスをご利用いただく効果
お役に立てること/立てないこと
私のポリシー六か条
これまでやってきた仕事
よくあるご質問
ブログ
セミナー情報/お知らせ
代表プロフィール
ひとり旅&温泉編」
トレッキング編」
スキューバダイビング編」

関連記事

  1. 株式投資術!初心者が情報に振り回されないために必要な4つのこと
  2. 株式投資術!株主優待や配当金の誘惑と権利落ち日の株価との関係に注…
  3. 株式投資術!習慣化への6ステップ「知らない」から「している」まで…
  4. 株式投資術!あなたの投資家レベルは?あの懐かしい『金持ち父さん』…
  5. 株式投資術!なかなか始められないあなたへ
  6. 株式投資術!株式投資はギャンブルなのか?
  7. 株式投資術!恐怖指数(VIX)に注目!正しい知識があなたを救う!…
  8. 株式投資術!絶対に勝ちたい人必見(信用取引に関する2つの規制)

株式投資家×税理士 稲垣宏隆

Zoomによるオンライン講座/セミナーを中心に全国対応「株式投資基礎固め講座」「基礎から学べる財務分析講座」などを主宰。
 
株式投資を味方につけ『お金』『時間』『こころ』『場所』といった『選択の自由』を得て、好きを仕事にしながら家族や自分のことも大切に、ストレスフリーでワクワク感を毎日感じながら生きている子煩悩な男女双子のパパ。
 
 詳しいサービス内容はこちら

カテゴリー

最近の記事

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP