ブログ

家計簿の新常識!税理士の私が実践している家計管理術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめに

 

■家計簿つけたことありますか?

私はありません。

 私は「財産目録」で管理しています。

一度だけ1か月分のレシートを集計したことはあります。

でも集計はしたけど家計簿にはしていません。

家計簿ってめんどくさくないですか?

私は税理士ですのでお客様の会計帳簿を作成していますし、あまりストレス感じないのですが、それでも労力を使います。

レシートを全部集めておいて、「お店ごと」とか「内容別に」とか「日付順に」とかに並べ替えて、電卓で集計してみたいな。

こういう地味な作業を毎日、毎月、毎年行うの「いやだな~」となるのも当然ですので、「続かない方続出」となるわけです。

男女双子をもつ税理士(書いている人)
こんにちは、今回は家計簿に代わる家計管理術です。
みかんくん
そんなことできるの?
いちごさん
知りたーーい!パパ!
私は平成14年から毎月実践していますから。

うちの嫁には、『先月はうちの財産が●●万円増えたよ(減ったよ)なぜなら・・・・だったからね。今月は・・・・していこうね。』みたいに報告しています。

それも毎月1日に!

1.そもそも家計簿とは

家計簿についてググってみるとこんな感じで説明されています。

家計簿(かけいぼ)とは、家計において一家の収入・支出などを記入する帳簿のことである。 確固とした基準が無いため多種の様式が存在する。 現金及び現金同等物の収入支出の記録が主であるのでキャッシュ・フロー計算書に似ている。 一般的な目的としては収入以上の買い物をしないようにし、家計を健全に保つために用いられる。

要するに、「入ってくるお金」のことを「収入」といいますが、ここでは「現金が入ってくる」と思ってください。

サラリーマンの方なら「お給料からいろいろ天引きされた後の手取り金額」だと思ってください。

「出ていくお金」のことを「支出」といいますが、ここでは「現金が出ていく」と思ってください。

例えば、「コンビニでジュースを買った際の支払金額」だと思ってください。

あと、「お金」には「電子マネー」や「通帳引落」も含まれると思っておいてください。

1-1.家計簿をつける目的を考える

そもそも「家計簿をつける」ということは、「お金の出入り」の結果を記録することになります。

この「お金の出入り」の結果が「プラス」であればいいのですよね。

でも、結果みて「よかったね」で終わらせてはいけません。

来月は10万円の赤字になるかもしれません。

来年にはお子様の入園が控えていて、今以上にお金が必要になるかもしれません。

夢のマイホーム取得に向けて頭金を貯めている最中かもしれません。

生活に必要なお金を貯める目的で家計簿を使っている方が多いと思います。

そのためには「如何に無駄な支出を減らすか」がテーマとなるので、支出の中身を分析しなければなりません。

でも、家計簿は一月だけやれば、とりあえずいいんじゃないかなあと思っています。

その一月の分析をしっかりやれば、そうそう生活レベルでも変わらない限り大きく金額が変わるとも思えません。

毎月決まった支出というものがあって、例えばこんな感じかもしれません。(うちの数字ではありませんよ)

「支出の中身」

家賃11.5万円、駐車場1.5万円、ガソリン代1万円、電気ガス水道1.4万円、一般加入電話インターネットなどで0.6万円、スマホ代1万円、自宅食費3万円、外食2万円、旦那のお小遣い3万円、保険2万円、学習塾2万円、習い事1万円、雑貨1万円、趣味2万円、被服費1万円など、合計34万円。

この概ね決まった支出に「特別な支出」、例えば今月は外食が多かったとか、旅行に行ったとか、おもちゃを買ったとかを加算すれば大体のことは把握できるはずです。

この「支出」と「収入(お給料の手取り金額)」の差額がプラスなら財産は増えているはずですよね!

それを「財産目録」を作ることで把握しようではないかということです。

1-2.財産目録で管理しよう

財産目録とは、被相続人の財産が一覧で判別できるようにした表のことを言い、プラスとなる財産の他に、借金や負債となどのマイナスとなる財産もすべて記入しておくことで、相続財産の有無を明確にすることができるものです。

この「財産目録」を生きている我々の個人財産の把握に利用しようということです。

私はこれだけを平成14年から今も継続して行っています。

ですから、「私の財産がどのように増減してきたのか」、「その大きな要因は何だったのか」までエクセルのグラフで一目で分かるようになっています。

私の人生イベント年表と一緒に。

ちなみに、「貸借対照表」って聞いたことありませんか?

貸借対照表
貸借対照表は、右と左に大きく2つのパートに分かれています(図参照)。右は、負債・純資産の部で、会社がこれまで活動資金をどのようにして集めてきたかが書いてあります。両方合計したものを「総資本」といいます。また、左は資産の部で、右で集めたお金をどのような形で持っているかを表しています。「総資産」ともいいます。

出典:日本証券業協会HP

この「貸借対照表」の左側「資産」がプラスの財産、右側の「負債」がマイナスの財産となります。

資産の方が負債より多ければ、とりあえずはプラスということでOKです。

財産目録の記載方法ですが、私はこんな感じにしています。(うちの数字ではありませんよ)

「資産」

現金10万円、A銀行150万円、B銀行200万円、自己所有マンション3,800万円、C証券会社300万円、学資ローン50万円、生命保険の解約返戻金40万円、確定拠出型年金50万円

「負債」

住宅ローン3,000万円

「資産4,600万円」▲「負債3,000万円」=1,600万円のプラス財産があるという感じで把握しています。

この合計額が翌月1,400万円になっていたとします。

200万円少なくなりましたよね。

この理由を考えるだけです。

例えば、通常なら毎月10万円貯金できているはずだから10万円増えるはずだけど、今月は車200万円を買って旅行10万円に行ったんだったよね、みたいな感じです。

ざっくりしていますが、1万円単位で概ね把握できていれば問題ないでしょう。

これを月初に前月末現在の数字を拾いに行きます。

「拾う」とは、こういうことです。

現金の場合、財布の中身を集計する(電子マネーも含めて、私の場合には家賃の前払いも含めています)

銀行口座の場合には、普段使っている(増減がある)通帳だけ記帳に行きます。

自己所有マンションは、とりあえず買った時の取得価格でも構いません。

証券口座の場合には、インターネットで前日の時価評価額がわかりますからそれを使います。

生命保険の解約返戻金も、確定拠出型年金も、インターネットで前日の時価評価額がわかります。

住宅ローンは、きちんと返済していれば、ローン返済計画表で残高把握できますよね。

これだけでいいのです。

レシートを集めて集計してしなくてもいいんですよ。

ね、簡単でしょ!

1-3.応用編:時価評価とは

ここからは応用になるのでやってもやらなくてもよいです。

さきほど『証券口座の場合には、インターネットで前日の時価評価額がわかりますからそれを使います。』と書きました。

例えば、取得価格100万円の株式が時価評価額200万円になっていたとしましょう。

含み益は100万円になりますが、これをこのまま売却した場合に概ね20%の税金を引かれます。

ですので、実際にお金として手元に来る金額は180万円となります。

また、『自己所有マンションは、とりあえず買った時の取得価格でも構いません。』と書きました。

買った時の値段より低い値段で売れることが多いと思います。

同じマンションの同じような間取りで売買事例があれば、その売買金額の方が現実に近いと思います。

売買事例は把握できなくても、いくらで売りに出されているのかくらいはインターネットで把握できるかもしれません。


まとめ

 

今回は、税理士の私が実践している家計管理術について紹介しました。

継続させるためには「簡単、楽ちん、手間いらず」の3拍子が揃っていることが大事なのではないかと思います。

あなたも「財産目録」で財産管理してみませんか?

みかんくん
今月はアンパンマンいっぱい買ったから10万円の赤字
いちごさん
そんなんでやっていけんの?パパ
男女双子をもつ税理士(書いている人)
んで結局、財産いくらあるの?にすぐ答えられますよ

 

この記事を書いている人
自由な生き方を応援するセミナー講師×株式投資家×税理士・双子のパパ稲垣宏隆
株式公開という大プロジェクトを多数経験。証券会社出身であり税理士としては異色な経歴の持ち主。得意なのは「株式投資」「株主優待」「配当金」「iDeCo(個人型確定拠出年金)」「ふるさと納税」「証券税制」「サラリーマンや主婦の方に課される税金や確定申告」。
「お金」「ひとり時間」「お昼寝」が大好物
「収入の柱を相乗効果のある複数」持つことをお勧めしております。
※この人の最近の傾向:ブログ集客に目覚めたものの、書けない日が続くとストレスでトイレに引きこもる。
詳しいプロフィールはこちら  ●Facebook  ●Facebookページ  ●Twitter

※サービス案内・・・・サラリーマンや主婦の方、スモールビジネスの方を応援する税理士です。

セミナー開催情報
サービス一覧
セミナー講師(オンライン/リアル)
個別相談(オンライン/リアル)

東京都府中市を拠点とした税理士事務所です。
サラリーマンや主婦の方、スモールビジネスの方を応援する税理士です。
あなたの生活設計やスモールビジネスを強力サポートします。
証券会社出身の株式投資や証券税制に強い税理士です。
『対話』を重視する税理士『私ひとり』が全てを担当します。
「対面/お電話」によるご相談に加え、「Zoom(オンラインビデオ通話ツール)」もご利用いただけます。
株式投資、株主優待、配当金、ふるさと納税、iDeCo(個人型確定拠出年金)、確定申告、家計管理、生活設計
各種セミナー・個別相談など全国対応しますのでご相談ください。

自由な生き方を応援するセミナー講師×株式投資家×税理士・双子のパパ稲垣宏隆
稲垣宏隆税理士事務所
〒183-0005 東京都府中市若松町2丁目2-3 メゾンドソフィア305号室
京王線東府中駅北口より徒歩4分


お問い合わせ
オフィスの概要
サービスのご案内
当オフィスをご利用いただく効果
お役に立てること/立てないこと
私のポリシー六か条
これまでやってきた仕事
よくあるご質問
ブログ
セミナー情報/お知らせ
代表プロフィール
ひとり旅&温泉編」
トレッキング編」
スキューバダイビング編」

関連記事

  1. 【基礎編】外食費10%節約の即戦力!ジェフグルメカード
  2. 【応用編】外食費12%オフ!「ジェフグルメカード」+「株主優待券…
  3. お金持ちへの分岐点!それは”未来”に対する意識が高いか低いか?そ…
  4. 税理士目線で考える「家計お小遣い制」が受け入れられない理由
  5. お得意様限定「証券会社のポイントプログラム」で商品券をゲット
  6. えっ!そうなんですか!?懸賞や賞金や賞品って確定申告が必要なの?…
  7. すぐに使える!子供の関心をグッと高める「お金の話し」

株式投資家×税理士 稲垣宏隆

Zoomによるオンライン講座/セミナーを中心に全国対応「株式投資基礎固め講座」「基礎から学べる財務分析講座」などを主宰。
 
株式投資を味方につけ『お金』『時間』『こころ』『場所』といった『選択の自由』を得て、好きを仕事にしながら家族や自分のことも大切に、ストレスフリーでワクワク感を毎日感じながら生きている子煩悩な男女双子のパパ。
 
 詳しいサービス内容はこちら

カテゴリー

最近の記事

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP